やさしい禅語解説

■ 禅語解説選集

拈華微笑

拈華微笑 (ねんげみしょう)

解説:

釈尊は八万の大衆を前にして、無言で一輪の花を示された。大衆沈黙の中に、ただひとり、迦葉はその意を悟ってにっこりと微笑した。これで釈尊の後継者は決まった。生きた仏法は、言葉を超え、教義を要せぬ。正に阿吽の呼吸である。これ程単純で真実の道があろうか。ここに到るにはさまざまの道があり、方法がある。しかし、ここに到れば以心伝心、無心の心である。

〒601‐8452 京都府京都市南区唐橋堂の前町3-1
Copyright 2014 SenshinKogei co.,Ltd, All rights Reserved.