やさしい禅語解説

■ 禅語解説選集

春眠不覚暁

春眠不覚暁 (しゅんみんあかつきをおぼえず)

解説:

童心は道心に通ずとか。人は生まれ乍らに仏心を具備し、教えずとも、おのずから輝き出る天真爛漫眠りのしぐさがそれを語る。それを妨げるものは大人の欲。陽が高く昇ってもなお静かに眠る童子はどんな夢を見ているのだろうか。春の眠りは深い。盛唐の詩人孟浩然(689~740)の「春暁」の一句。

〒601‐8452 京都府京都市南区唐橋堂の前町3-1
Copyright 2014 SenshinKogei co.,Ltd, All rights Reserved.