やさしい禅語解説

■ 禅語解説選集

青山元不動

青山元不動 (せいざんもとよりふどう)

解説:

千変万化の人生の姿に本性不動の喩し。青山は本来、人の持つ仏性に、白雲は妄想や煩悩によく喩えることがある。雲があってもなくても、青山は元々不動のものである。どこで何をするにしても、万縁万境に本性をとらわれることなく、自らは変幻極まり無い雲に動じない悠々たる山のように泰然としていれば、魔性も亦、入り込む隙はなかろう。

〒601‐8452 京都府京都市南区唐橋堂の前町3-1
Copyright 2014 SenshinKogei co.,Ltd, All rights Reserved.